タグ:週刊少年ジャンプが付いている記事一覧


バトル

現在も週刊少年ジャンプでHUNTERxHUNTERを連載している漫画家、冨樫義博さんが1990年代に週刊少年ジャンプで連載していた作品「幽遊白書」。連載終了から20年以上たった現在でもソーシャルゲーム化されたり、舞台化されたりするなど人気を誇る作品です。

バトル

魁!!男塾はジャンプ黄金期と呼ばれていた1985年から週刊少年ジャンプで連載されていた宮下あきら先生の漫画です。 全34巻まで連載されており、現在も魁!!男塾の続編が出ています。

その他

1985年~1991年週刊少年ジャンプで連載されていた漫画で、ジャンプ黄金期と呼ばれていた時代の有名漫画の1つに当たります。 ジャンプコミックスは全35巻まで販売されており、その後完全版コミックスが販売されている形です。

バトル

連載が週刊少年ジャンプで再開するたびにヤフーニュースで取り上げられる程の影響力を持った少年漫画「HUNTERxHUNTER」。今回はそのHUNTERxHUNTERの魅力について紹介いたします。HUNTERxHUNTERが休載続きでも何故打ち切られることがないのか。

スポーツ

週刊少年マガジンで連載された「七つの大罪」の大ヒットによって一躍超有名漫画家となった、鈴木央さんが週刊少年ジャンプに所属していた時代に執筆、連載していた隠れた名作漫画「ライジングインパクト」。今回この記事では、そのライジングインパクトについて紹介したいと思います。

バトル

左腕に精神力をエネルギーにするサイコガンを仕込んだ宇宙海賊コブラ。 海賊といっても悪人ではなく義賊に近いため、無益な殺生を好まない正統派な海賊です。 普段はウィットに飛んだジョークやおとぼけな言動が目立つ三枚目でもありますが、戦闘時や機器にはハードボイルドヒーローとしてカッコよすぎと言っても良いでしょう。

アドベンチャー

2011年から連載されているジョジョの奇妙な冒険第8部ジョジョリオンです。 7部の世界観を引き継ぎ、舞台は2011年の日本となります。

アドベンチャー

6部のラストにてラスボスプッチ神父のスタンド能力メイドインヘブンにより、1~6部の登場人物は全員死亡してしまい一巡後の世界に到達しました。 正確には唯一生き残ったエンポリオのウエザーリポートによってプッチ神父はリタイアし、1~6部までの世界とは微妙に似ているが異なるパラレルワールドが生まれたのです。

アドベンチャー

主人公は3部空条承太郎の娘、空条徐倫(ジョリーン)です。今作で初めて歴代ジョジョの中で唯一の女性主人公となります。 徐倫はアメリカ人の母親、イギリス・イタリア・日本人という空条家の血を引いている混血児です。

アドベンチャー

歴代ジョジョの中でも血筋的には異質の存在である「ジョルノ・ジョヴァーナ」。ジョルノの父はジョースター家の宿敵DIOですが、DIOの首から下の肉体は第1部の主人公ジョナサン・ジョースターです。