バトル

今回紹介する「マギ」は週刊少年サンデーで約8年間連載されていたファンタジーバトル漫画になります。 コミックスは全37巻ですでに完結をしている漫画ですが、その人気は根強く、アニメ化、ゲームにもなっている作品です。また、「シンドバッドの冒険」もスピンオフ漫画であり、こちらもアニメ化をしているほどの人気作品になります。

その他

2017年週刊ヤングマガジンで隔週連載がスタートした『1日外出録ハンチョウ』。この作品はギャンブル漫画で有名な福本伸行先生の『カイジ』シリーズのスピンオフ作品になります。ハンチョウの作画担当である上原求先生は、元々福本先生のチーフアシスタントをされており、原作の絵と大差はありません。

ミステリー

2017年『マガポケ』というウエブコミックスで、金田一少年の事件簿のスピンオフ作品として連載されています。現在は7巻まで発売されています。 この話は金田一少年の事件簿の犯人たちにスポットを当てており、トリックを実現するために犯人側での苦労場面を描いています。 本編では推理漫画ですが、こちらはほぼギャグ化している形です。

学園

ニセコイとは2011年48号~2016年36・37合併号までの5年間にわたって連載されていたマンガです。作者は第39回十二傑新人漫画賞で準入選なども果たした古味直志先生。コミックスは全25巻累計発行部数は1200万部を突破しています。

アドベンチャー

『RAVE』等で知られる”真島ヒロ先生”が手掛けたマンガで、FAIRY TAILは週刊少年マガジンにて2006年35号から2017年34号まで11年に渡って連載されました。コミックスは全63巻出ており、累計発行部数は全世界を通して6000万部を突破した超大人気マンガです。

その他

皆さんバクマン。というマンガを知っていますか? 原作・大場つぐみ先生、作画・小畑健先生といったデスノートを作り出した伝説のコンビが手掛けた二作目。それがバクマン。です。

その他

『クッキングパパ』や『美味しんぼ』最近だと『ラーメン大好き小泉さん』などジャンルに特化した料理マンガなど本当に様々な種類がありますよね。 そんな中今回筆者がご紹介したいマンガは『食戟のソーマ』です! 食戟のソーマとは、原作:附田祐斗先生、作画:佐伯俊先生の二人が手掛けられた週刊少年ジャンプで連載していたマンガです。

ミステリー

1992年週刊少年マガジンで連載されていた人気推理漫画で、同じ探偵漫画である名探偵コナンと並ぶほど現在でも愛されている作品です。原作は天木征丸先生、作画はさとうふみや先生のタッグで構成されています。

バトル

「少年ジャンプ+」で連載されている大人気漫画「地獄楽(じごくらく)」。本記事ではその地獄楽が何故人気なのか、面白いのかといった点について、未読の方にもその魅力が伝わるように解説・紹介していきます。

バトル

現在も週刊少年ジャンプでHUNTERxHUNTERを連載している漫画家、冨樫義博さんが1990年代に週刊少年ジャンプで連載していた作品「幽遊白書」。連載終了から20年以上たった現在でもソーシャルゲーム化されたり、舞台化されたりするなど人気を誇る作品です。